読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Quipperの近況アップデート + 積極採用再開

今回、Quipperでは積極的な採用活動を再開し、それにあわせてこの公式ブログを開始することになりました。CTOの中野です。

まず、前回、今年の初旬に、積極採用活動をしていたときに書いたものがいくつかあるので置いておきます。

Quipperは歴史的に採用活動の波が結構大きいのですが、前回は今年の頭くらいに大々的に行い、それにあわせてブログを頻繁に更新したのですが、目標の採用数に達したのでまた静かになっていました。潔い「採用目的」です。

今回、積極採用モードに再度入るにあたり、この日本語の公式のブログを作ってみんなで更新してみることにしました。余談になりますが、Quipperの採用活動、人事の人に手伝ってもらいながらも基本的には開発者主体で行っています。今回のブログを作るというアイデアもその中から出てきました。一緒に働く人は一緒に探したいよね、という力強い意思があります。

まず、簡単に現在のプロダクト開発チームのアップデートを。

前回の時点ではこんな感じでしたが、今はこんな感じになっています。

Web iOS/Android Engineering Design Total
London 4 0 0 1 5
Tokyo 8 7 3 3 21
Manila 8 2 0 2 12
Jakarta 1 0 0 2 3
Total 21 9 3 8 41

前回の採用活動の結果、日本の開発陣が最大規模になりました。理由としては、スタディサプリをQuipperのシステムで支えることになり、そのための新規開発/運用/サポート部分が大きくなってきている、というのがあります。

基本的には、Quipperの開発チームは国を跨いで世界で1チームというつもりなのですが、どうしても日本語がわからないとできないタスクがあったり(たとえば日本の決済周りとかだと日本語ドキュメントしかなかったりする)、あえて日本のカスタマーサポートを海外の人に任せるという難易度をあげることもないだろうというところもあります。

そんなこともあって、日本では、前回の採用活動でWeb開発者が3人、Androidチームにも界隈で有名な方が数人加入し、デザイナーも増え、なかなかな陣容になってきています。日本だとiOSシェアが高いですが、海外、特にQuipperが展開中の国々では、Androidのみと言ってもいいくらいなので、QuipperではAndroidが非常に重要になってます。

また、Quipper内ではengineeringチームと呼んでいるインフラチームも今のところ日本にだけ置いています。これはわりと流れでそうなっているので将来的には海外にも広げていきたいとは考えています。「時差」を利用することで、日本の夜中の緊急対応が例えばメキシコからできたら幸せになれるかなあと考え中です。

海外では、ロンドン、マニラでも引き続き採用を続けていますが、事業的にインドネシアが大きく伸びているので、ジャカルタでも開発者の採用を開始しました。今のところまだ一人ですが今後数人採用予定。同じくメキシコでも採用中です。

こんな感じで、プロダクト開発チームで計40人くらいになっています。

事業側のアップデートとしては、今年4月に日本でスタディサプリ高校講座/大学受験講座というものをQuipperプラットフォームに移管しましたが、それも一段落し、現在はその周辺での新規開発等をしています(リリース前で細かいことは書けないことが多い!)

また、スタディサプリの海外版とも言えるQuipper Videoをインドネシア、フィリピン、メキシコで提供開始しました。その中でもインドネシアでは大展開を行っていて、テレビコマーシャルや、大規模での営業、マーケティング活動、それに対するユーザーサポートが発生しています。

こんな状況の中、今回大きく募集を再開したのが日本でのWeb開発者です。今のところ、QuipperのWeb開発者はフロントエンド、サーバー側(課金システムや社内で使うシステム等も含む)、iOSAndroidアプリが使うAPIまで幅広く担当しています。また、新規開発やオペレーション(バグや問い合わせ対応等も)も同じチームが行っています。

ただ、今回の積極採用では、フロントエンド特化の開発者の募集も始めました。チーム構成をなるべくフレキシブルにしたいという思いが強いので、なるべく守備範囲の広い開発者を中心に考えたい一方で、それ自体が広域化しているフロントエンドの開発を引っ張っていってくれる人もそろそろ来て欲しいという感じです。

また、ビジネスが軌道の乗るにしたがい、サーバ側の地味なところ(と書くと言い方はよくないが、大事な決済周り、月次のレポート作成のようなものや、社内で使うようなCRM的なものだったり)をしっかりと作れる人もとても大事になってきています。こういうところではSIer的な経験がとても役に立つと思っている(僕自身もSIer出身)ので、そういう人にも是非来て欲しいです

こんな感じの最近のQuipperですが、応募待ってます!