Quipper 社員が業務以外で取り組んでいること

こんにちは。Web Engineer の @ojiry です。

Quipper では業務以外でも社員達で集まり様々なイベントを開催しています。それらは個人の趣味であったり、コミュニケーションを目的としたものなど様々です。今回はそれらのイベントをいくつかご紹介しようと思います。

シャッフルランチ

毎週火曜日に任意参加のシャッフルランチを開催しています。特に会社の制度として行なっているわけではなく、ランチ情報の共有チャンネルで募集をしています。

シャッフルランチの管理には slack-shufflelunch という Slack Bot を利用しています。朝10時にリマインダーを設定して参加者を募り、参加したい人は Join ボタンを押して参加します。

f:id:ojiry:20180814111015p:plain

f:id:ojiry:20180814111045p:plain

Bot に使われている Rivaduck は @rivayama さん作の School Team 非公式マスコットで根強い人気があります。

QuipBar Dev

毎週木曜日の夜に QuipBar Dev というもくもく会を開催しています。名前の由来は会社のイベントとして QuipBar という社員交流会があり、語感が良かったので拝借しています。

QuipBar Dev ではチェックインとして最初にホワイトボードにやることを書いてからもくもくと作業を開始します。 ここでは @chaspy さんの記事でも紹介されたフリードリンク制度を活用し、翼を授かりながら集中して作業を進める事ができます。

元々は Go を勉強するための会でしたが、今は殆どの人がその時に興味のある事をやっています。

作業風景

f:id:ojiry:20180814111956p:plain

ボードゲーム

社員にはボードゲームが好きな方が多く、不定期ですが人を集めて様々なボードゲームで遊んでいます。 Not My Fault!顧客が本当に必要だったものゲーム などエンジニアは思わず反応してしまうゲームなども楽しんでいます。

私自身は囲碁が好きで、職場に9路盤を持ち込み @hotchemi さんと毎日対局しています。出社してない日は囲碁エストでリモート対局も可能です。

また最近では待望(?)の将棋盤がデプロイされました。しかもなんと経費での購入で、1分にも満たない時間で承認されていました。

f:id:ojiry:20180814111358p:plain

筋トレ

ヘルシープログラマなど健康に気を使うプログラマは多いですが、弊社でも例に漏れずスポーツを嗜んでいる人が多いです。そんな人達がジョインしている #protein-ja という Slack チャンネルがあり、日々肉体作りや健康に関する話題で盛り上がっています。

今年の5月には東京体育館で実施されている筋力測定をみんなで受けてきました。これは下半身の筋力バランスを測定してくれるのですが、測定時の筋肉の激しい追い込みや、結果を数値として比較できて面白かったです。定期的に測定することで成長を数値で確認できるのですが、東京オリンピックに向けて施設が改修工事に入ってしまい受ける事が出来なくなりました。非常に残念です。

またオフィスには懸垂台が設置されており、気分転換での筋トレもバッチリです。この懸垂台は1年半ほど前に社員による要望で導入されており、オフィス環境の改善を誰でも気軽に提案していけます。

懸垂台には私がひっそりと COC グリッパーを置いてあるのですが、あまり利用されている形跡はありません。握力トレーニングは人気がないのだろうか。

f:id:ojiry:20180814112031j:plain


以上、 Quipper における業務以外での取り組みについてでした。

これは私個人の考えですが、業務以外で行われている活動は社員同士の関係を良好なものにし、それが結果的に過ごしやすい職場を作っていくと考えています。勿論業務以外はプライベートを優先したいという人もいるので、全てのイベントは任意参加が前提です。

頭を仕事から切り離して行うコミュニケーションは、普段と違う相手の顔が見えて私は面白いと感じます。ボードゲームなどの勝負事ではそれが顕著に現れ、普段の仕事からは想像できないような勝利への執念を感じさせる人もいます。

仕事上の会話はどうしても特定の相手と業務内容の話になりがちですが、最近は Slack などのチャットツールが主流になり、雑談やチームを超えたコミュニケーションが増えた為このようなイベントの重要性は低くなってきているかもしれません。

それでも対面以上のコミュニケーションは現状存在しないと思うので(VRが流行ると変わるかも?)、今は積極的に業務外で関わる機会を作っていきたいと思います。

最後になりますが、この紹介を通して Quipper の楽しい雰囲気が少しでも伝われば幸いです。