Fact, based の検索結果:

負荷試験との向き合い方

…するのでしょうか? Fact Based で考えるためには、負荷試験が必要です。 負荷試験用の環境 負荷試験はどのような環境を用意するべきでしょうか。また、どのように実施すべきでしょうか。 本番環境の状況を限りなく再現しようとすると、ウェブブラウザや iOS, Android といったネイティブアプリから実施することになりますが、現実と全く同じ規模の環境を用意することは現実的ではありません。また、試験をインターネットを介して行うことはコントロールできない部分が多くなり、結果が…

Monitor and fix app's performance with Android vitals

…omer satisfaction. Google analysis of play store review Higher performance leads to higher app ratings, which in turn leads to a higher number of installs and user engagement. Most of the users abandon an app after using them only once due …

Quipper Product Blogを再開して1年が経ちました

…Blog 71位 "Fact based" でありがちな失敗をライトに紹介する - Quipper Product Team Blog 72位 Quipperのプロダクトマネージャーのミッションとは - Quipper Product Team Blog 73位 Learning a Second-Language at Work - Quipper Product Team Blog 74位 新人PMとして海外チームと働く時に気をつけるべきこと - Quipper Prod…

Kubernetes 上のアプリケーションから Stackdriver Logging に構造化ログを送る

…・可視化することで Fact-Based な意思決定を低コストに行うことができます。 また、さらにそれを JSON で行うのは、複雑な構造のデータを取り扱う、というのももちろんそうですし、アプリケーションがログ収集基盤の知識を持たなくて済む というのも大きいと考えます。 例えば同じことは Fluent Logger を使って Fluentd にログを送りつけることもできますが、その場合アプリケーションは Fluentd について知らなくてはなりません。Fluentd であれば…

How did I catch up at Quipper

…から違いますね」と Fact based で議論できる環境もいいなぁと思います。 まだまだ貢献できていない悩みもあった Quipperでは、レビューはフラットな関係性で行われます。 少しずつキャッチアップしてきたとはいえ、React初心者の私にとって、経験豊富な同僚が書いたコードは難易度が高く、レビュアーとして貢献できていない焦りがありました。 1on1 で相談すると、レビューの目的には大きく分けて、以下の3つがあることを知りました。 仕様通りに動作することを確認する(外的品…

"Fact based" でありがちな失敗をライトに紹介する

…の高まりなどから、"Fact based" の考え方が広く普及し、ビジネスの世界では一般化してきているように思います。 Quipper でも "Fact based" が行動指針のひとつとなっており、日々実践されています。 ( 過去のブログで Quipper における "Fact based" の実践例 が紹介されていますので、ご興味のある方はこちらも併せてご覧ください。) 他方、一般化のゆえ、無批判に信仰されたり、言葉がひとり歩きしたりして、"Fact based" 自体が…

新入社員から見たQuipperで働く環境

…Ownership Fact-Based Growth 今回はこの中のOwnershipについて紹介します。 Ownership なんでも自分ごととして考え、行動する。Quipperで働いているといろんな場面でOwnershipを感じます。例えば直近でも以下のようなものがあげられます。 Blogの再開をエンジニアが決定 StudySapuriのMeetUpを企画、運営(Product/Data) 先日のproduct meetupでも、SREチームの@yuya-takeyam…

プロダクトの「負債」を「機能」と呼び直す 〜A/Bテストを用いた"価値"の定量化〜

…行動指針の一つに "Fact based" という言葉が含まれており、憶測や独断ではなく計測されたデータや事実に基づいて意思決定することが強く推奨されているためです。 このたびスタディサプリにおいて負債と考えられていた機能を「消してよいかどうか」、A/Bテストを通して判断しました。その際に用いた手法や結果、そこから見えたこと、考えたことをご紹介します。 プロダクトの負債とは プロダクトチームにとって負債と考えられていたのは「キャリア決済」という決済手段でした。そう考えることに…